2017年02月12日

Mercedes-Benz GLA180 Sports その2


さてさてGLA180スポーツの使い勝手などをつらつらと・・・

乗り心地は非常に良いです。
18インチみたいな大きなホイール&タイヤなのに本当にしなやかに走ります。
もちろんドイツ車にありがちな固めなサスなんですが、非常によく仕事していて運転してて疲れないですね。

まっすぐ走り、よく曲がり、そしてしっかり止まれます!!
車の大切なところが非常に良くできてます。


便利なのが、ディストロニックプラスという機能。
要は全車速対応の追随式クルコンなんですがとても便利!!

メーターのとこに自分で設定した最大のスピードが赤ランプで表示されます。
例えば60kmで設定すると、前車が居ない場合は60km/hで走り続けます。
前車が居る場合はミリ波レーダーで捕捉して追随してくれます。

前車が止まれば自車も止まります。再発進はレバーをちょこんと引くだけ。
完全にアクセルとブレーキから足がフリーになります。

一回味わうと、もう離れられない便利機能です。



ブラインドスポットアシストはミラーについてる黄色い▲インジケーター。
斜め後ろのドアミラーの死角に車やバイクがいると黄色が赤になります。
赤いまま強引に車線変更しようとすると、盛大にブザーが鳴り注意を促されますw


この2つの機能で、高速でも一般道でも、運転がビックリするくらい楽です。
軽快に流れてても、大渋滞でも疲労軽減が物凄いです!



オーディオやナビの操作ボタンは至って一般的。
しかしボタンの塗装などつや消しで Audiの時と同じくらいの良い意味での質感を感じます。

電話かけたり、住所検索したりするときのテンキーまでついてるのが少し笑えますがw
ナビ性能は、やはりサイバーとか楽ナビあたりの売れ線機種に比べると、精度・検索・動作ともイマイチ。
まあ、昔から純正ナビなんてこんなもんなんで諦めてます。



メーター内にナビの簡易表示があるのは前車から一緒ですが、時代とともにより分かりやすくなってて好印象。
視点移動が少ないっていうのは良いことです。



Apple CarPlayも付いてます。
車載モニターが非常に機能の絞られたiPad miniになるという印象です。
ただ車載のGPSとジャイロを使用するので(iPhone側ではない)精度は上々で、ナビとしてのApple製マップの使い心地は悪くありません。
Map系アプリは進化のスピードがものすごいので、五年乗って3年目とか純正ナビが陳腐化した時に救いの神になる可能性大ですね。

もちろんCarPlayはiPhone内の音楽との親和性抜群なんで、その辺は最高。
残念ながらiPhone内の動画は表示できません(現状)。

電話かけるのもメッセージもShiriが担当してくれるので、ものすごく楽チンで将来的な可能性を強く感じました。



ということでインプレッションその2。





同じカテゴリー(くるま)の記事画像
Mercedes-Benz GLA180と日産デュアリス
Mercedes-Benz GLA180 Sports
同じカテゴリー(くるま)の記事
 Mercedes-Benz GLA180と日産デュアリス (2017-02-13 09:49)
 Mercedes-Benz GLA180 Sports (2017-02-11 19:37)

Posted by Takashi  at 21:26 │Comments(0)くるま

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。